〒186-0002
東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F
TOP リンク集 Movie サイトマップ プライバシーポリシー
患者様の声
 

Q:自由診療と保険診療の違いって何ですか?

A:保険診療は細かな規則により使用材料や治療技術に制限があります。患者様がむし歯や歯周病になったとき、その原因がたとえ噛み合わせだとしても、噛み合わせの治療はできません。自由診療はそういった制約にとらわれない自由契約です。あなたの病気に対して根本的な原因解決を目指すことができるだけでなく、高度な医療技術や安心材料の使用によって、将来への健康にもアプローチできるのです。

Q:壱番館デンタルオフィスの特徴は何ですか?

A:歯科には「むし歯治療」「歯周病治療」「噛み合わせ治療」「審美治療」などの専門分野があります。しかし、お口の治療はむし歯・歯周病・噛み合わせなど、全体的に考えていく必要があります。例えば、むし歯・歯周病治療ができていなければ噛み合わせ治療はうまくいきません。噛み合わせ治療ができていなければ審美治療はおそらく数年のうちにやり直すことになるでしょう。壱番館デンタルオフィスではそうした専門性を一医院で行い、質の高い、総合的な歯科医療をご提供しております。

Q:治療の質が高いというのはどういうことですか?

A:先ほどあげた専門分野を例にみてみましょう。

「むし歯治療」

むし歯によって神経が細菌感染した場合、歯の根の治療が必要になりますが、これは肉眼ではよく見えないほど細かい治療が必要になります。当院では、都内でも数件しかない“歯の根の治療専門医院”と同じ「20倍率の顕微鏡」の設備をもち、丁寧に感染物質を取り除くことで病気の再発を抑えていきます。

「歯周病治療」

歯周病治療では歯のまわりに付着したプラークや歯石の除去から始まります。初期症状では歯科衛生士のクリーニングで対応できますが、歯周ポケットが深くなった場合、外科手術や再生療法を行います。外科手術は患者様の負担も大きく、治療期間も長くなります。しかし、一緒に治療にあたるフリーランス歯科衛生士:遊佐典子は、日本でもトップクラスの治療技術を持ち、かなり深い歯周ポケットであっても治療することが可能です。そのため、当院では外科手術を行うことはほとんどありません。

「噛み合わせ治療」

噛み合わせと全身の関係は私自身(院長:武内久幸)が体験していることです。私は28歳の頃、実験的に自分のつめ物を3カ所高くしたことがあり、わずか半年で肺炎や肩こりの症状がでてきました。一度狂った噛み合わせはつめ物を修正しても治らず、その治療には時間がかかったものです。そこで当院では、“噛み合わせが全身に影響している”というコンセプトのもと、「顎運動測定装置」や「姿勢チェック」を治療に取り入れております。この「顎運動測定装置」は一般補綴医では都内で初めて導入致しました。

「審美治療」

審美治療は上記の治療ができて初めて成功するものです。例えば、審美治療で多く使われるセラミックという材料は、お茶碗などと似たような素材であり、噛み合わせが適切でなければ過度な力によって壊れてしまうことも多々起こります。インプラントも同じことが言えます。歯周病、噛み合わせ等の基礎治療が充実してこそ、末永くお付き合いできるインプラント治療が行えます。当院の審美治療やインプラント治療では、見た目だけではない、あなたの10年先の健康を考えた治療を行っております。

Q:治療期間はどれくらいですか?

A:これは患者様の治療内容によって大きく異なります。一般に、治療内容が複雑になればなるほどその期間は長くなりますが、治療の精度や完成度を考えると当院の治療期間は非常に短いといえます。例えば噛み合わせに関わる矯正治療は一般的には2〜3年かかりますが、当院ではミューワイヤーという3次元的な矯正装置により平均1年以下で終了しています。歯周病の歯石除去では、外科手術を行うと治癒期間を含めて最低2〜3ヶ月はかかりますが、当院のプロフェッショナル・クリーニングによってわずか2〜3日で行えます。また、専属の技工士がいるため、入れ歯の修理や歯の脱離などの応急処置に即時に対応できます。インプラント、矯正を専門とした二人の歯科医師を中心として、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付…、それぞれのスペシャリストによるチーム医療が充実しているからこそ、行える治療があります。

歯科医師やデンタルスタッフも患者として来院してくださいます。
私たちは徹底したこだわりの治療であなたの10年先の健康を考えていきます。