〒186-0002
東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F
TOP リンク集 Movie サイトマップ プライバシーポリシー
患者様の声
   
   
歯牙移植・インプランとは、歯を失ったとき、そこに別の歯を植え替える治療方法です。
患者様本人の歯列の中から提供歯を選ぶ方法で、移植の方法としては現在もっとも安心できる技術です。
移植ができるかを診断するとともに、治療計画を立てます。
親知らずなど、ご自分の歯を抜歯し、より有効な場所に歯を移植します。
しっかりと顎の骨に根付いた後、6〜9ヶ月間の期間をおいて、必要があれば修復治療を行います。
※抜歯時に根が折れてしまうと移植できない場合もあります。
※提供歯となる親知らずなど、抜歯しやすくするために、1ヶ月程度、根回しをする場合があります。
※歯牙移植・インプランおいて、これまでに200症例以上の実績があります。ご安心下さい。

歯を失ったときの選択肢としてインプラント治療も参考になさってください。
無料カウンセリング実施
インプラントとは、人工歯根とも呼ばれ、歯の失われた部位の骨の中にチタン製の人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。インプラント治療は、1952年スウェーデンのブローネマルク医師がチタンと骨組織の結合を偶然に発見し、実験が重ねられた結果、いまでは多くの医療現場で採用されています。インプラント治療によってご自分の歯と同じような機能性と審美性を回復することができます。
・ご自分の歯と同じように何でも噛むことができます。
・ご自分の歯と同じように噛め、咬み合わせも入れ歯より安定しますので、全身の健康維持につながります。
・隣の歯を削ったり、負担をかけることがありません。
・固定式のため、入れ歯のように取り外す必要がありません。
・外見上もご自分の歯と同じように自然に仕上げることが可能です。
・保険が適用できないため高額。
⇒ 医療費控除の対象となりますので、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。領収書は大切に保管してください。
また技術の進歩に伴って、少ない本数で手術が可能な場合もありますし、インプラントは入れ歯よりも耐久性が優れています。それぞれの患者様の状況に応じて総合的・長期的に考えます。
・外科的な手術が必要となります。
⇒ 患者様の体調を事前に十分検査いたします。手術中は局所麻酔をしますので、抜歯と同等の感じで治療を受けられます。
・治療期間が長い。
⇒ 当院ではITIインプラントシステムを採用しており、治療期間を短縮した1回法も可能です。お気軽にご相談ください。
・ご自分の歯と同じようにメンテナンスが必要となります。
手術をする上で、患者様の身体にリスクのあるような疾患がないか、手術部位周辺に異常がないかなどを、入念にチェックします。あごの骨の状態は、インプラント治療では重要な要素ですので、CT検査によって確認を行います。
治療前のCT検査は、メディカルスキャニング立川にて、専門の医師に受診して頂いております。
また、当院では、顎機能の客観的で正確な検査のために、ナソヘキサグラフを導入しております。
歯茎を切開し、インプラントを埋め込むための穴をあけます。
そこへインプラントを埋め込みます。

4週間〜3ヶ月の治癒期間をおいて、インプラントと歯槽骨の結合を待ちます。
2回法の場合には、ここでもう一度手術を行います。手術でインプラントの頭を露出させ、そのあと人工の歯を装着します。
当院ではITIインプラントシステムを採用しておりますので、1回法も可能です。その場合にはここで人工の歯を装着します。
長期にインプラントを使用するには、メンテナンスが必要です。
患者様ご自身で、毎日ブラッシングすることを心がけてください。
また、3〜6ヶ月の定期検診と専門の衛生士によるクリーニング(PTC)が必要です。
矯正歯科・インプラント無料カウンセリング実施中
ITIとは、International Team for oral Implantology(口腔インプラント学のための国際チーム)の略称です。ITIでは骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン研究所と共同開発をおこない、完璧な科学的理論に基づいた厳密な実験・臨床研究を通じてITIインプラントを開発しています。
当院ではこのITIインプラントを採用しており、1990年よりチタン製のインプラント治療を導入、15年の治療実績を積んでいるドクターが治療にあたっております。
壱番館デンタルオフィスではインプラント体10年保証を行っております。
※ 但し上記保証は当医院規定に従います。患者さんの不注意や外傷など、当医院の責任でない場合、無理な使用や当医院の指示に従わない状態での使用の場合、リコール (定期検診) やメンテナンスに応じて下さらない場合などには、上記保証の適用外となりますのでご注意下さい。
治療期間はどのくらいかかりますか…?
患者様の骨の状態や体質にもよりますが、通常4週間〜3ヶ月、特別な手術(GBR・サイナスリフトなど)を伴う場合には、十分な期間をかけて慎重に進めていきます。患者様のご都合も合わせて、相談をしながら治療を行っていきます。
インプラントの耐久性は…?
インプラントそのものは、虫歯になったり破損したりすることはありません。毎日のメンテナンスをしっかり行い、定期検診をきちんと受けるなど、衛生状態を良好に保つことでインプラントは長期間使用することができます。
逆にブラッシングをしっかり行わないなど、手入れが悪い場合には天然歯と同様、歯周病などになることがあります。
手術時間はどのくらいかかりますか…?
埋め込む本数、手術部位にもよりますが、通常30分間〜2時間程度です。
金属を埋め込むことに抵抗があるのですが…?
インプラントの素材であるチタンは、生体との親和性が非常に優れており、金属アレルギーの心配はまずありません。実際、歯科治療以外でも整形外科治療(人工関節など)にも一般的に使用されています。ただ治療方法は患者様と十分なカウンセリングを行うなかで決めていきますので、ご心配な点があれば何でもお申し出ください。
インプラント治療に適さない場合もありますか…?
インプラント治療は外科的治療ですので、強度の糖尿病・高血圧、全身疾患のある方や、ブラッシングができない方は、治療が制限されるケースもあります。また顎の骨が少ない方、骨粗相症の方も、事前の検査や処置が必要となる場合があります。ご心配な方は治療法を決める前のカウンセリングの際にご相談ください。
術中、術後の痛みはありますか…?
術中は局所麻酔をしますので、通常の抜歯の処置に近い感覚です。術後は医師からの諸注意に従ってください。